アトピーを改善したいならお風呂の時に一工夫

アトピー改善に入浴は大切

婦人

入浴時のポイント

アトピー性皮膚炎を持つ人は、お風呂に入って皮膚を清潔な状態に保ってください。黄色ブドウ球菌の増殖を抑制して症状を重症化させないほか、一般的なアトピー治療薬であるステロイド剤の効果を効率的に得るためです。ステロイド治療薬は以前に患部へ塗った薬が皮膚に残存していると次回に塗った薬の効き目が低くなる傾向にあります。この様な状態を避けるため、患部の清潔は守らなければならず、お風呂へ適切に入ることは重要です。アトピー性皮膚炎の場合、お風呂の入り方には症状の改善において幾つかのポイントがあります。まず、浴槽につかる時には湯温に気を付けてください。お湯の温度は40度よりも低い38度ぐらいが適温とされています。洗髪や体を洗う前にお湯につかれば、皮膚が柔らかい状態になり汚れ落ちが良くなるほか、石鹸類を過剰使用せずに肌乾燥などを防げるでしょう。また、シャンプーや石鹸の選び方については市販されている商品では、敏感肌用やアレルギーに配慮したものを使用してください。無香料・無添加などの明記がされていると良いです。分からなければ皮膚科で相談すれば、病院で販売されている製品や推奨される製品を紹介して貰えます。石鹸はたくさんの泡をつくり、患部へのせる様にして洗います。アトピーの人がお風呂で特に注意したいのは、患部をナイロンタオルなどで摩擦しないことです。皮膚への刺激を極力抑制しつつ、適切に入浴剤を使用すれば、アトピー症状の緩和や改善へつなげられます。

皮膚にいい入浴方法

お風呂に入るとき、アトピーの人はお湯にも石鹸にも気を付けておきます。洗い方や湯船に入る方法にまで気を付けていれば、皮膚を清潔にできる入浴はアトピーをよくしていくための欠かせない存在となります。恐れず、正しく入浴しましょう。

苦痛を快適に変化させる

アトピー肌の人は少し工夫するだけでお風呂の時間を有効に使うことができます。お風呂で使用する洗浄剤や、体を洗う素材を考慮すると症状を悪化させずに快適な時間になります。外用薬の効き目を高めるためにも、しっかり対策しておくことが大切です。