アトピーを改善したいならお風呂の時に一工夫

皮膚にいい入浴方法

女性

石鹸の他にも気を付ける

アトピーの人がお風呂に入るとき、お湯の温度はぬるめにします。38度から40度までの適温に保って入ることで肌への刺激を少なくします。入浴剤を選ぶときは、肌にやさしい刺激のないタイプの入浴剤をいれます。保湿効果と、塩素によるアトピー肌への刺激を少なくすることができるので、入浴剤は入れておいたほうがいいです。香りをきつくつけたり合成の着色料使用していないタイプであれば、お肌をあまり刺激しません。自然に近い敏感肌用の入浴剤を湯船に入れましょう。身体を洗うときは、合成洗剤ではなく無添加の石鹸を使います。よく泡立てて、石鹸の泡の力でやさしく落とします。痒くても、ゴシゴシと洗うのではなく柔らかい布か手でそっと洗うようにします。お風呂から上がるときには、石鹸が身体に残らないように洗い流して上がるようにします。シャワーを浴びる時には、なるべく水圧の低い状態で肌にお湯を当てるようにします。シャワーも熱い温度にし過ぎないように気をつけます。また、シャワーヘッドを塩素が除去できるタイプに変えるようにします。アトピーを刺激しないほうがいいからといって、お風呂にあまり入らなかったりちゃんと洗わないと塗り薬の効果も半減します。皮膚が清潔でない場合、菌も繁殖しやすいです。薬を塗る前には必ず肌を清潔にし、ステロイド剤の効果がきちんと出るようにします。アトピーを長引かせないために、また薬の塗る量と回数を最小限にするためにも、お風呂に入るようにしましょう。